「三七人参」って何??

ウコギ科の植物でいわゆる朝鮮人参の仲間です。

あ~ 朝鮮人参ね っと思われた方はちょっと待ってください。

植物は同じ仲間でも、効果が全く違います。
植物は育つ場所、収穫方法によって植物の持つ性質、いわゆる薬効が決まってきます。
三七人参は中国の南、ベトナムと国境を接する雲南省文山を中心に栽培されています。というよりも、反対にここしか栽培に適していないのです。三七人参は標高が1000メートル以上の高地で育ちます。また、日照などの栽培条件も厳しい貴重な植物です。そんな文山の少数民族の「苗族(ミャオゾク)」の伝承薬とし栽培されていました。

では、三七人参は何に効くの?!

朝鮮人参は元気になる「補気」作用が主なのに対して、三七人参は「血」に働く「補血」作用です。
「補血」作用って??

「補血」作用とは「血」の働きを助けることです。三七人参は「一切の血病を治す」と言われています。
具体的に血の働きとは

1.血液の流れをよくします。
血液をきれいにして活性化させることで循環がよくなります。循環を改善させるとともに血管も強化します。血圧の管理や脳卒中予防のためにおすすめしています。また、慢性化した痛みで血液の流れが悪い症状の改善にも効果的です。

2.出血を止めます。
流れをよくすると同時に、出血した時にはびっくりするほどの止血効果を示します。ベトナム戦争で兵士の傷の手当に使われていたそうです。一見、相反する作用のように見えますが、流れをよくするのも、出血を止めるのもどちらも血液の働きであり、三七人参は血液の本来の働きを助けてくれるのです。

3.肝臓の働きをよくします。
肝臓は「血液の貯蔵庫」です。肝臓には1分間に約1リットルの血液が流れ込み、体全体の10%強の血液が貯蔵されています。三七人参は「血の働きを活性化しますので、当然肝臓の働きもよくなります。
肝臓の仕事といえば・・・
そう、お酒の代謝です。これは本当に個人的な実感ですが、とにかく二日酔いしない!悪酔いしない! もともとお酒に強いほうではないので、飲んでる途中から頭痛がしたり、飲みすぎると翌日まで残ってしまっていたのですが、三七人参を飲む前に飲むとびっくりするほど快調です。お酒を飲む機会が多い方には絶対におすすめです。お酒の席が楽しみな方も、苦手な方もぜひお試しください。

代謝はお酒だけではありません。コレステロールや血糖も肝臓で処理されます。したがって、コレステロールや血糖の改善が必要な方におすすめです。

4.腎臓も元気にします。
腎臓は水の代謝をつかさどる臓器ですが、その働きは血流量に大きく関係しています。適切な腎血流量によって、腎臓は元気に働きます。腎臓の働きの低下は老化の指標のひとつです。腎臓を元気に保つことが、いつまでも若々しく、元気でいられるバロメーターになります。

ずばり!次のような方におすすめです。

血圧がやや高め(150/100前後)の方、
コレステロールもやや高め(LDLが150前後)の方、
さらに血糖値も気を付けるようにと言われている方、

           

にまさにおすすすめです。
「血圧」 「コレステロール」 「血糖」の管理は認知症予防でも大切な要素です。
薬を飲むか飲まないか、飲まないでどうにか対処できないかと悩んでいる方に三七人参は力になります。
血液の働きを元気にして体を健康にしましょう!

でも、品質や安全性は大丈夫?!

ご安心ください。安全性、品質についてはしっかり見てきました。
1.まず品質です。
三七人参の品質は「重さ」で評価されます。3年育てて掘り出した根っこが「何個で500gになるか」で等級を決めます。また、三七人参は丸っこいもののほうがよく、割った時に「菊花芯」と言われる放射状の模様があるものがよいとされています。
見学した畑および工場では品質がしっかりと管理されていました。

   

2.安全性について
残留農薬については厳しい基準を設けていました。また、研究開発もしっかり行われていました。
   

1回分からお試しいただけます。



1回分 5錠 ¥500- 


その他、150粒包装  600粒包装があります。

三七人参についてのご質問、ご購入は漢玄堂薬局までご連絡ください。

漢玄堂薬局では安心・安全、そして効果のしっかりした三七人参を取り扱っています。
ネット上での販売はしておりませんので、来局されるか、お電話をください。
直接お話して、薬との相互作用や治療疾患の有無などを確認しておすすめさせていただきます。


Copyright © 漢玄堂薬局 All Rights Reserved.